基礎化粧品

インナードライ肌には乳液いらないの!?真相を口コミ

 

肌悩みのある  女性
インナードライの人は乳液いらないの??

 

この記事では、こんな疑問を解決します

 

記事の内容

  • 乳液とクリームの違い
  • インナードライ肌に乳液は必要なのか

 

インナードライの人は、乳液をつけた方がいいのかつけない方がいいのか、ちまたにはたくさんの意見があって悩んでいる方いるんじゃないでしょうか。

 

今回は、インナードライ肌のわたしの体感もふまえて解決しますね

 

♡ About me

れな 元美容部員

20代前半、ストレスが原因で大人のニキビに悩みました。皮膚科へ通うも治らないので、スキンケアを研究。今は悩まされることもなくなりました♪ブログ名のuruouは、潤った肌になれば肌トラブルにさよならできるところからきています

 

インナードライか無料で確認できます

無料で肌診断
インナードライか肌診断できる?オルビスの無料診断なら100%的中

続きを見る

 

 

インナードライ肌は乳液いらないの?

インナードライ肌は乳液いらないの?

 

”乳液は付けない方がいい”、実は、半分まちがいで半分合っています。わたしの体感だと、インナードライ肌の人は「乳液の水分量」が大切。

 

乳液といっても、さまざまなテクスチャーがありますよね。さっぱりしているものからこっくりしたもの。

 

インナードライの人に必要な乳液は、大人のニキビができるかできないかで変わってきます

  • インナードライで大人のニキビができる人→水分の多いみずみずしい乳液
  • インナードライで大人のニキビができない人→水分の多い乳液~しっとりした乳液

 

元美容部員  れな
油分の多い乳液はさけましょうね

 

乳液の役割とは

乳液は、肌の水分の蒸発を防ぐ、という役割があります。

 

洗顔で洗い流されてしまったうるおいや、乾燥で硬くなってしまった角質層を柔らかくして、お肌をなめらかにする大切なアイテム。

 

美容液や化粧水などの水分だけお肌に与えても、蒸発してお肌は乾燥してしまうんですね

 

元美容部員  れな
お肌が硬くなると、毛穴が詰まって大人のニキビができてしまうからお肌を柔らかくすることが大事なんですね

 

乳液とクリームの違い

乳液とクリームの違い

 

乳液とクリームは何が違うのか、実は使う目的は同じなんです。

 

化粧水や美容液の水分、お肌のうるおいが蒸発しないようにするのが役割。

 

役割
乳液 水分が多い、うるおいを与える
クリーム 油分が多い、うるおいを閉じ込める

 

元美容部員  れな
乳液とクリームの違いは、水分と油分の比率にあるんですね

 

 

インナードライ肌は乳液とクリームどちらがいいのか?

インナードライ肌は乳液とクリームどちらがいいのか?

 

インナードライ肌の人は、乳液・クリームどちらを使ってもかまいません。

 

大切なことは、乳液を使う場合、クリームを使う場合、どちらにしても油分より水分が多く含まれているものでフタをする、ことが大切です。

 

脂性肌に近い脂分がでるインナードライさんは、さっぱりした乳液が良いですがさっぱりすぎるものを選ぶとうるおい不足になってしまうので、みずみずしくきちんと保湿できるものを選びましょう

 

元美容部員  れな
化粧水や美容液だけでお手入れを終わってしまうと、水分が蒸発して乾燥してしまうので絶対に乳液かクリームでフタをしましょうね

 

肌質別、乳液とクリームの選び方

肌質別、乳液とクリームの選び方

乳液・クリームの使いわけ
脂性肌 さっぱりした乳液
混合肌 乳液を使ったうえで、乾燥が気になる部分だけにクリーム
乾燥肌・敏感肌 乳液+クリーム
脂性乾燥肌(インナードライ) みずみずしい乳液かクリーム、乳液+クリーム

 

全体的にみると、脂がでやすい人は水分を重視、水分も脂分も少ない肌質の人は、乳液にクリームを足して水分・油分を補給することが大切ですね。

 

あと、全肌質でいえることですが、大人のニキビができやすい人は乳液選びに注意が必要です。

 

元美容部員  れな
乳液の脂分が多いと大人のニキビが発生することがあるので、肌の様子をみて調整しましょう

 

インナードライ肌の保湿には導入美容液や美容液

インナードライ肌の保湿には導入美容液や美容液

保水しなくてはいけないお肌に必要なのが、美容液です。

 

水分のない肌、抱えられないお肌は、肌表面が硬くなりがち・・・。お肌が硬くなると、水分が入っていきづらくなります。

 

元美容部員  れな
硬くなったお肌をほぐすために、化粧水のなじみを良くする導入美容液や美容液が大切なんですね。

 

導入美容液
乾燥肌・インナードライにおすすめ導入美容液5選

続きを見る

 

 

大人のニキビができやすい人に必要なもの

大人のニキビができる原因

  • 炭酸の力で、毛穴汚れをかきだす
  • ふき取り化粧水で、古い角質をふき取る
  • うるおいを落としすぎないクレンジングや洗顔を使う

 

大人のニキビの原因は、毛穴のつまりです。

 

インナードライの人は、脂分が多く分泌するお肌。脂分や化粧品の基材が毛穴につまると、大人のニキビが発生していまいます。

 

大人のニキビがでやすい人に大切なのことは、うるおいを取りすぎずに毛穴汚れをきちんととってくれるクレンジングや洗顔を使うこと

 

元美容部員  れな
そして、ふきとり化粧水や美容液、炭酸といった角質層の毛穴の奥の汚れをとってくれるものを使うことが大切なんですね。

 

大人のニキビができやすい人には、ビタミンC誘導体が配合された乳液やクリーム

大人のニキビができやすい人には、ビタミンC誘導体が配合された乳液やクリーム

大人のニキビができやすい人におすすめなのが、ビタミンC誘導体が入った乳液やクリームです。

 

ビタミンC誘導体は乾燥しやすいのがデメリットですが、皮脂バランスを調整し皮膚をすこやかに保ってくれます。

 

元美容部員  れな
ビタミンC誘導体を使うと乾燥することが多いので、導入美容液や化粧水でしっかり保湿しましょう

 

 

インナードライ肌は乳液いらないの?まとめ

元美容部員  れな
インナードライ肌は乳液いらないの?をまとめますね
  • 乳液は、肌の水分の蒸発を防ぐ役割がある
  • 乳液とクリームは、水分と油分の比率が違う
  • インナードライ肌の人にも乳液やクリームは必要
  • インナードライ肌の人が乳液やクリームを使う場合、みずみずしく保湿できるものを選ぶ
  • 大人のニキビは、毛穴のつまりが原因。うるおいを落としすぎないクレンジングや洗顔を使う
  • インナードライ肌で大人のニキビができやすい人は、脂分が多い肌なので皮脂バランスを調整できるビタミンC誘導体が入った乳液やクリームを使う

 

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました♡

 

 

 

 

 

 

 

通販のお得情報をチェック!

通販会社のキャンペーン情報です。今日はお得日かチェックしてくださいね♡

  お得情報
楽天市場

5日・10日・15日・20日・25日・30日は、「エントリーと楽天カードの利用」でポイント5倍

Amazon

ヘルス&ビューティーは、毎週水曜日タイムセール

Amazonプライム会員 年間4,900円(税込) になれば、お急ぎ便やお届け日時指定便などが無料

Yahoo!

ショッピング

毎月11日22日は、ゾロ目の日クーポン配布

買う!買う!サタデーは、PayPay残高上限15,000円の高額商品お買い物チャンス!

毎週日曜日は、「PayPay残高orヤフーカード」でソフトバンク会員は+10%、じゃない人は最大5%PayPayボーナスGET!

5日・15日・25日は、「PayPay残高orヤフーカード」でPayPayボーナス+4%の日

(※付与上限1,000円)

他にもたくさんキャンペーンあり!詳細は、各通販会社ページよりご確認ください♡

 

-基礎化粧品
-, , , , , , , , , , , , , , , ,